お洒落すぎ。サッカー日本代表の本田圭佑のブログがかなり格好良くなった件

本田圭佑と言えば、現在イタリアのセリエAに所属する名門チーム「ACミラン」で、爆発的な活躍を見せている。

その本田圭佑のサイトが、もともとアメブロにあったのだが、独自ドメインのオフィシャルサイトとしてリニューアルしたのだ。

そのサイトのあまりのオシャレさに驚いたのでここで紹介しておこうと思う。

 

お洒落すぎ。サッカー日本代表の本田圭佑のブログがかなり格好良くなった件

本田圭佑オフィシャルサイト

ファッション雑誌って感じでしょ?

やはり、オシャレに行こうと思うとオリジナルでウェブサイトを作らないとダメだと思う。

実際アメブロの場合は本田選手くらいになると、有名人枠でアクセス数に応じて報酬が支払われる仕組みなのだろうが、おそらくそんなものが微々たるものになるくらいの収入になったのだろう。

この話題とはあまり関係ないが、Googleが検索の多様性を取り入れている中、芸能人が沢山いるアメブロは一般人にとっては逆効果に働くことが多いことは覚えておこう!

【関連記事】

サッカー日本代表 新ユニフォームのCMに自分も入り込んでいるような感覚になる件

アメブロで成果が上がっているアナタこそ、独自ドメインのブログへステップアップすべき理由

 

ちなみにアメブロのサイトはこんな感じ

本田圭佑アメブロ

やはりアメブロ特有のなんとも言えない雰囲気がある。

フツーに芸能人のブログ風だし、本人が書いている様子もほとんどない。

こんな様子ではもともとからアクセスもそんなに多くもなかったのだろう。

 

まとめ|ここでブログについて考えた

うえせいイラスト

私うえせい(<a title=”twitter” href=”http://twitter.com/charin_co/” target=”_blank” rel=”nofollow”>@charin_co</a>)は、別にアメブロが嫌いな訳ではないのだが、ユーザー数が多い(アクティブユーザーはぐっと減る)ことを理由に、ブログと言えばまずアメブロ、みたになっているのが良くないと思っている。

ブログというのは、それぞれいろんな目的があって始めるもので、アメブロはその目的のうちでも凄く限定された用途にしか向かない。

本田選手とまったく関係ないまとめになってしまったが、もしブログを始めようと思うなら、私うえせいでもいいし、ちゃんとしたブログのコンサルティングができる人キチンと聞いてからはじめてほしい。

 

[amazonjs asin=”B00IX3QMRG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”本田圭佑の言葉 この一言が人生を変える!”]

 

[amazonjs asin=”4844331779″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意”]

2014年ワールドカップアフリカ大会|アジア勢負けすぎで次回アジア枠減かも

2014年FIFAワールドカップブラジル大会において、日本代表は2敗1分となりグループリーグ敗退が決定した(2014年6月25日現在)。

私、うえせい(@charin_co)コロンビア戦が終わってから、とてもテンションが低いのだ。

そして、他のアジア枠から出場している国は一体どうかというと、現時点で

B組オーストラリア
3敗で終了/グループリーグ敗退決定

C組日本
2敗1分で終了/グループリーグ敗退決定

F組イラン
1敗1分で、ボスニア・ヘルツェゴビナと対戦予定

H組韓国
1敗1分で、ベルギーと対戦予定

残るは、韓国とイラン。やってみないと結果はわからないが、イランのみが進出するような気がする。

2018年ロシア大会では、アジア枠が減らされる心配をした方がいい。

各大陸毎の出場枠

各大陸毎出場枠
出典:livedoor.4.blogimg.jp

次回ワールドカップロシア大会では?・・・

サッカー・ワールドカップ(W杯)で、アジア勢はグループリーグ2試合目を終えた時点で未勝利だ。

このまま1勝も挙げられなければ、現行の32チーム制が導入された1998年フランス大会以降では初めてとなる。国際サッカー連盟(FIFA)は、
大陸連盟別の出場枠を決める際にW杯の実績も判断材料にしており、次回のロシア大会でアジア枠が減らされる心配も出てくる。

強豪がひしめくB組の豪州は、2連敗で早々と敗退が決まった。C組の日本、F組のイラン、H組の韓国は、ともに1分け1敗。3戦目に決勝トーナメント進出の可能性を残しているものの、いずれも厳しい状況だ。

今大会の苦戦ぶりは、データ上も明らか。シュート数で相手を上回ったのは、日本のギリシャ戦、豪州のチリ戦の2試合のみ。
ボール支配率やシュート数で圧倒される試合も多い。

yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-00050120-yom-spo

 このニュースは、2試合目が終わった時点でのものだが、それほど状況は好転しておらず、結果は芳しくない。

本当にこのままだと、アジア枠が減らされてしまう可能性があるのでは?と心配するのだ。

 

もし、アジア枠が減っても大丈夫なように実力を付けておくべきただと、うえせいは思う。

チャレンジカップ
親善試合のあり方は、変えられないのだろうか?

日本で開催する場合が多いのだが、相手国は格下相手が多く強豪国との試合が極端に少ない。

いざワールドカップのように強豪国の中に入ると、日本は本来の実力が発揮できていないというが、これが本来の実力なのではないかと思う。

視聴率や、観客動員などの大人の事情はわからないが、FIFAランキングのこともあるが、欧州の強豪国でアウェイでの試合を増やしていくべきだ。

せっかく盛り上がっているサッカー熱。

4年後、このまま続かせようと思うのなら、次回もワールドカップ出場で、決勝トーナメントに出場しないといけない。

いままでの試合を見ると、欧州1強のような状態ではなくなっている。

特にアフリカ勢はとても強くなっている。

アジアそして日本もさらなる強化を図らないと、次はワールドカップ出場すら危ういのではないかと思ったのである。

 

サッカー草創期にGKというポジションができてからの歴史

孤高の守護神 ゴールキーパー進化論

孤高の守護神 ゴールキーパー進化論

  • 作者:ジョナサン ウィルソン
  • 出版社:白水社
  • 発売日: 2014-05-29

日本代表は、まだまだチャンスあり。2002年日韓大会で日本が負けたトルコは1敗1分で3位まで登った件

2014年FIFAワールドカップブラジル大会において、日本代表は1敗1分と非常に苦戦している(2014年6月23日現在)。

しかも、次の試合はコロンビア。

FIFAランキングがすべてではないが、それでもコロンビアは8位で日本は46位。

ランキングの上では差はかなりあり、それが巷の「もう無理だろうな」感を生み出しているのだろう。

だが、しかし・・・

過去の例から見ると、実はまったく希望は捨てなくていいと思えるような例がある。

 

2002年の日韓大会 で、トルコはグループリーグ2戦終わって1敗1分と現在の日本と同じ状況だった。

2002年韓国・日本大会:3位
1次リーグC組  2002年6月3日 ウルサン
ブラジル 0-1 トルコ
2-0
ロナウド 50′

リバウド(PK) 87′

0-11-1

2-1

45′ ハサン・サス
マルコスルッシオ

ロッキ・ジュニオール

エジミウソン

カフー

ロベルト・カルロス

ジルベルト・シルバ

ジュニーニョ・パウリスタ

(72′ ヴァンペッタ)

リバウド

ロナウジーニョ・ガウショ

(67′ デニウソン)

ロナウド

(73′ ルイゾン)

GKDF

MF

FW

リュストゥファティフ

アルパイ

ウミト・オザット

ビュレント

(65′ イルハン)

ケリモギュ

バストゥルク

(65′ ウミト・ダバラ)

ハカン・ウンサル

エムレ・ベロゾギュ

ハサン・サス

ハカン・シュクール

デニウソン 73′ 警告退場 21′ ファティフ24′ ハカン・ウンサル

44′ アルパイ

86′ アルパイ

90′ ハカン・ウンサル

1次リーグC組  2002年6月9日 インチョン
コスタリカ 0-0 トルコ
1-1
パークス 86′ 0-11-1 56′ エムレ・ベロゾギュ
ロニスマリン

ライト

マルティネス

ウォレス

(77′ ブライス)

カストロ

ロペス

(77′ W・パークス)

ソリス

センテーノ

(67′ メドフォード)

ワンチョペ

ゴメス

GKDF

MF

FW

リュストゥエムレ・アシク

ファティフ

ウミト・オザット

トゥガイ

(88′ アリフ)

バストゥルク

(79′ ニハト)

エルギュン

エムレ・ベロゾギュ

ウミト・ダバラ

ハサン・サス

ハカン・シュクール

(75′ イルハン)

マルティネス 24′カストロ 43′ 警告 19′ エムレ・アシク45′ トゥガイ

89′ エムレ・ベロゾギュ

1次リーグC組  2002年6月13日 ソウル
トルコ 2-0 中国
1-0
ハサン・サス 6′ビュレント 9′

ウミト・ダバラ 85′

1-02-0

3-0

リュストゥ(35′ オメル)

エムレ・アシク

ビュレント

ファティフ

ウミト・ダバラ

トゥガイ

(84′ タイフール)

バストゥルク

(70′ イルハン)

ハカン・ウンサル

エムレ・ベロゾギュ

ハサン・サス

ハカン・シュクール

GKDF

MF

FW

ジャン・ジンヤン・プ

ドゥ・ウェイ

ウー・チョンイン

(46′ シャオ・ジアイ)

リ・ウェイフェン

シュ・ユンロン

リ・ティエ

チャオ・ジュンツェ

リ・シャオペン

ヤン・チェン

(73′ ユ・ゲンウェイ)

ハオ・ハイドン

(73′ チュ・ボ)

エムレ・アシク 19′エムレ・ベロゾギュ 30′

ハサン・サス 82′

警告退場 45′ ヤン・プ62′ リ・ウェイフェン

59′ シャオ・ジアイ

決勝トーナメント1回戦  2002年6月18日 宮城
日本 0-1 トルコ
0-0
0-1 12′ ウミト・ダバラ
楢崎正剛松田直樹

宮本恒靖

中田浩二

戸田和幸

稲本潤一

(46′ 市川大祐)

(86′ 森島寛晃)

明神智和

三都主アレサンドロ

(46′ 鈴木隆行)

小野伸二

中田英寿

西澤明訓

GKDF

MF

FW

リュストゥビュレント

ファティフ

アルパイ

エルギュン

トゥガイ
ウミト・ダバラ

(74′ ニハト)

ハカン・ウンサル
バストゥルク

(89′ イルハン)

ハサン・サス

(85′ タイフール)

ハカン・シュクール

戸田 45′ 警告 21′ アルパイ44′ エルギュン

90′ ハカン・シュクール

準々決勝  2002年6月22日 大阪
セネガル 0-0 トルコ
0-0
0 延 1
0-1 94′ イルハン
シルバコリー

P・M・ディオップ

ディアッタ

ダフ

ディアオ

シセ

P・B・ディオップ

ファディガ

アンリ・カマラ

ディウフ

GKDF

MF

FW

リュストゥファティフ

アルパイ

ビュレント

ウミト・ダバラ

トゥガイ

エムレ・ベロゾギュ

(91′ アリフ)

エルギュン

バストゥルク

ハサン・サス

ハカン・シュクール

(67′ イルハン)

ダフ 12′シセ 63′ 警告 22′ エムレ・ベロゾギュ87′ イルハン
準決勝  2002年6月26日 埼玉
ブラジル 0-0 トルコ
1-0
ロナウド 49′ 1-0
マルコスルッシオ

エジミウソン

ロッキ・ジュニオール

カフー

ロベルト・カルロス

クレベルソン

(85′ ベレッティ)

ジルベルト・シルバ

リバウド

エジウソン

(75′ デニウソン)

ロナウド

(67’ルイゾン)

GKDF

MF

FW

リュストゥファティフ

ビュレント

アルパイ

エルギュン

トゥガイ

エムレ・ベロゾギュ

(62′ イルハン)

ウミト・ダバラ

(74′ ムスタファ・イゼット)

バストゥルク

(88′ アリフ)

ハサン・サス

ハカン・シュクール

ジルベルト・シルバ 41′ 警告 59′ トゥガイ90′ ハサン・サス
3位決定戦  2002年6月29日 テグ
韓国 1-3 トルコ
1-0
イ・ウリョン 9′

ソン・ジョングク 90′

0-11-1

1-2

1-3

2-3

1′ ハカン・シュクール13′ イルハン

32′ イルハン

イ・ウンジェホン・ミョンボ

(46′ キム・テヨン)

イ・ミンソン

イ・ウリョン

(65′ チャ・ドゥリ)

ユ・サンチョル

イ・ヨンピョ

パク・チソン

ソン・ジョングク

イ・チョンス

アン・ジョンファン

ソル・ギヒョン

(79′ チェ・テウク)

GKDF

MF

FW

リュストゥビュレント

ファティフ

アルパイ

エルギョン

ウミト・ダバラ

(76′ オカン)

トゥガイ

エムレ・ベロゾギュ

(41′ ハカン・ウンサル)

バストゥルク

(86′ タイフール)

イルハン

ハカン・シュクール

イ・ウリョン 23′ 警告 50′ トゥガイ83′ リュストゥ

トルコ代表のW杯代表別全成績より

そこから、3戦目を勝利して、グループリーグを突破しているのだ。

 

しかも、決勝トーナメント初戦は日本。日本は無得点で敗退している

今回はトルコの話なので、フォーカスをトルコに変えるが、やはりこの状況から決勝トーナメントにでてくると、ギリギリとは言え、勢いがあるのは事実である。

その勢いに乗ってしまえば、人間とは強いものである。

この前後のワールドカップでのトルコの成績といえばあまりパッとしていないのが事実。

だが、この時だけはいってしまった感じがある。

 

今の日本代表には、もっと臨機応変にサッカーを楽しんで欲しい

今回のワールドカップで、日本代表のサッカーを見ていると、我々を魅了するようなワクワクした気持ちになれない。

なぜだか分からないのだが、おそらく選手たちが気負いすぎているのだと思う。

もちろん、日の丸を背負って日本でもすごい数の人が早朝からテレビを見ているのだ。

相当のプレッシャーだろう。

 

だが、初戦サッカーは球技である。

もちろん、ひとつひとつの勝ちにこだわってきた人だけが、ワールドカップの舞台に立てるのだから、それは当然のなのだが、そんな中でも楽しんで欲しい。

そんな中から、我々がワクワクするようなプレー達が生まれるのではないかと思う。

なんだか、

「われわれ日本のサッカーをすれば勝てる!」

と言うが、そもそもソレって何?

 

サッカーって状況に応じて、ピッチにいる選手達がそれぞれ考えて行動するものでは無いだろうか。

こだわりを捨て、選手それぞれが自分のストロングポイントを活かすようなプレーをして欲しい。

その結果が、勝ちに繋がり、あとは天にまかせてみたいと思うのは私だけだろうか・・

 

一度ザッケローニ監督の頭の中を見てみたいものだ

ゆだねて束ねる ザッケローニの仕事

ゆだねて束ねる ザッケローニの仕事

  • 作者:増島みどり
  • 出版社:飛鳥新社
  • 発売日: 2014-05-22

サッカー日本代表 新ユニフォーム「開封の儀」 急いで購入したのはキーパーユニフォームのレプリカだ!

 

まいど!デス(^_^)v

うえせいです。

 

ブラジルワールドカップに向けての新ユニフォームが先日発表になったばかりですが、私うえせい。

 

発表になってすぐにアディダスのオンラインショップで注文していたのです。

スクリーンショット 2013-11-16 06.53.10そして、なぜそんなすぐに注文したかというと、理由は2つ。

一つは、今日2013年11月16日(土)親善試合だが、オランダ戦があり、この試合から新ユニフォームになるからです。

そしてもうひとつ・・・

 

私うえせいが注文したのはキーパーユニフォームは、売り切れ必至!!

前の「結束の一本ライン」のユニフォームの時も、キーパー用はあっという間に売り切れたのだ。

おそらく、生産ロットがかなり少ないのでしょうね。

なので、発表があって即ポチ。

カード決済なので、あっという間に届きましたね!

IMG_3734

 

ドキドキ・・・

中を開けてみると・

IMG_3735いくつか、割引クーポンが入っていました。

どなかた、ご入用の方はコメント欄にクーポン希望といれてくださいね。

 

IMG_3736そして、これ。

日本のエンブレムから11本の線がでていますね!!
カッコイイ(^_^)。この色はクリアグレーといって、すごく明るいグレーですね!

 

IMG_3737これが、今回の目玉。円陣を組んだ時に一本の線になるという筆で書いたような一本ライン。

 

ボクは全開のユニフォームよりコレ、凄く好きですね!!

カッコイイです。

実際着た感じは,ソーシャルメディアでアップしますので、

うえせいのFacebook個人アカウントまで、お越しください。

 

今日、2013年11年11月16日(土)21:15分からのオランダ戦。一緒に応援しましょうね!

スクリーンショット 2013-11-16 07.09.05

 

 

サッカー日本代表 新ユニフォームのCMに自分も入り込んでいるような感覚になる件

 

まいど!デス(^_^)v

うえせいです。

 

サッカー日本代表 新ユニフォームのコンセプトは「円陣」

アディダスコンセプト

「円陣」をコンセプトにしたユニフォームの背中には、前ユニフォームの特徴である「結束の一本ライン」を継承。

毛筆で書かれた一本線は、選手とサポーターの固い絆と勝利へ強い想いを表現したものだそうです。

代表選手がピッチで円陣を組んだ時に、大きな一つの輪になるようにデザインされています。

また、ユニフォームの左胸にはエンブレムを中心に 広がる11本のラインを採用し、「円陣」を組んだ後、戦いに向けてピッチへと広がる選手たちを表現 しています。

機能面においても、新たに軽量ポリエステル素材「adizero la・ito(アディゼロ ラ・イト)」を採用 。前ユニフォームのフォーモーションモデルよりも約20%の軽量化を実現することで着用感と動きやす さを高め、選手のさらなるパフォーマンス向上をサポートします。

サッカー日本代表 新オフィシャル ホーム ユニフォームは11月14日より発売。サッカー日本代表は11 月16日の国際親善試合より着用いたします。

 

そして、そのCMがコレだ!


すごい臨場感でしょ!

この女性に代わって自分がその中にいるような感じになりませんか?

ボクは、動画を何度もみてしまいました。

 

そう言えば、今週(2013年11月16日)サッカー日本代表の試合がありますね。

テレビでも放映がありますので、是非ユニフォームを着てテレビの前で応援しましょう!

 

ちなみにFacebookでも、イベントがあり毎回これでボクも盛り上がっています。

参加してみてくださいね!

▼Facebookイベント
これではダメだ代表は!!何も見せられずに連敗!!一体オランダ戦で何をする気だ!?サッカーで新たな歴史を作れ!ワールドカップ本戦も応援宜しくです!!

 

ちなみに、アディダスのオンラインサイトで買うことができますよ!!

▼アディダスオンラインSHOP
http://shop.adidas.jp/football/jfa/

 

WordPressブログのことなら、うえせいワークス