あなたの【フォアフット着地】ベアフットシューズ選びをサポート

今回は、話題のフラット着地走法を考えた。

 

今、ランナー界で何かと話題なのが着地の話。。。

 

今までのランニングの常識といえば、「踵の外側で接地し、中足部に体重移動して、拇指球で蹴りだす」だった。

 

だが、最近勢いがあるのがフォアフット(前足部)着地だ(^O^)

 

で、踵着地かフォアフット着地か。。。

これはどちらも正解!

だって、走るスピードを考えてください。

だれでも、だいたいダッシュするときは、踵を接地させないですよね?

でも、ゆっくりジョギングするときには踵からの方が多いですよね?

この差なんです。

なので、別にゆっくりジョギングを楽しむだけなら、無理にフォアフットにチャレンジしなくてもOKです。

ただ、より早く走りたいという上昇志向のランナーや、私のように膝や腰を故障したことのある人には、是非とも試して欲しい走法ですね。

それで、フォアフットにチャレンジするならシューズ選びも大切です

 

初心者用のランニングシューズでは、踵部分が厚く踵からの着地がしやすくなっているのでフォアフットには向いていない。

やはり前足部と踵部分の高低差が少ない専用のモノを選びたい。

 

では、参考までに。。。

 

ナショナルブランドの中では、ブームになる前からこの様なモデルを発売していたNEW BALANCEがオススメです。

 

ソールは、ビブラム社のものを仕様し非常に耐久性が高く、早くから商品開発していたというだけあって非常に出来がいい(^O^)

幾つかバリエーションがあり、そのひとつがコレ。オンロードのレース用モデルです。

【関連記事】

 

 

 

ちなみに私は、これのライフスタイルモデルを履いています。

 

 

 

次にアディダス。

アディダスでは、ナチュラルランニングという人間本来の走りに近づけるというもの。

ただし、これはあくまでトレーニング用のシューズらしく、室内用(スポーツジムなど)に限った方がよいようだ。

そして、ナイキフリー。

これは、あくまで私個人の意見だが、ソールに切れ目をいれて曲がりやすくしているだけでソールの作り自体はあくまで、ランニングシューズのソレと変化がないような。。。

(と思い、2013年8月に履いてみた。。。踵と前足部との高低差があり姿勢が通常のランニングシューズと変化が無いにも関わらず、ソールが凄く柔らかいので、非常に不安定な印象。どうやらベアフットシューズというよりは、痩せるためのトーニングシューズと考えたほうが良さそうだ)

 

それで、やはり本命は。。

ビブラム社から出ているファイブフィンガーズ。

他のシューズと大きく違うのは、指が5本にわかれていること(2012年10月当時)。

私の持っているのも、コレと全く同じモデル(色も同じ)。

ソールはびっくりする暗い薄いので、小石なんかを踏んだら、痛ったあ(-_-;)っとなるのですが、それに変えられないくらい大地をつかむ感覚が最高です!

私も、コレを履いてランニングをしだしたら膝の痛みが無くなったんですから(^O^)

 

イロイロと紹介しましたが、お好みのものが見つかればいいですね!!

【ハイテクシューズを履くから故障する!】

これで、腰痛・膝痛しらず!!

 

実は、ワタクシ高校から大学の7年間ずっとラグビーをやっていたせいで膝がボロボロ。。。
そんな身体のくせに、30歳の時にいきなりランニングを始め、今ではトライアスロンの大会に出てしまうという暴挙(^_^;)

しかし、それまでにはイロイロと紆余曲折がありました。

それが、、、

膝が痛い!

です。

どんどん走る距離は伸びていくのですが、それに比例して運動後の膝の痛み。そして、続けていくとランニング中にも膝の痛みが襲うという始末。

ランニングは、諦めて自転車と水泳だけにしようか。。。とか悩んでいた時に出会ったのがコイツ!

ビブラムのファイブフィンガーズ

という靴。
特徴は見ての通り5本指であるということ、そしてソールが尋常じゃなく薄いということ。
ソールが薄くても耐久性については、元々靴のソールのメーカーであるビブラムが作っているだけあって問題無し!
でも、やっぱりクッションが無い。でも、その感覚自体が間違っているんです。

クッション性不要!

クッション性を求めたシューズを履くことによって カカトで着地をして、挙句その衝撃により故障が起きるのです!
現に私は、コイツを履いてから、ランニングによる膝の痛みがなくなりました。

超快適 !!

 

人間と言うのは、もともと裸足で走っていたのです。
しかも獲物を追って長い距離を、、、
そのときは靴なんぞ履いておりません。
そして、その時のフォームはカカトで着地するのではなく、前足部寄りの足裏全体で着地をしていたのです。
よって、自分の筋力によりクッションとしていたものを、現代では靴に頼ってしまっているのです。

それが、そもそもの身体の故障の原因だったのです!!

ですが、私が履いている上の写真の靴では普段履きとはいきませんね。

で見つけたのです。
下の写真のモデル!!
しかもアッパーはカンガルーの革を使っていて超柔らかいのにこのお値段。
買いですね!!

近いウチに買いますよ。ワタクシ(^_^)v