社長でなくても優れたビジネスパーソンである為には覚えておくべき「掟」

勝手にブログの師匠だと思ってついていっている立花岳志氏と親交が深い吉越浩一郎氏の本を読ませて頂きました。

その本というのがコレ「社長の掟」

 

 

最初、フリーランスなのでちょっと、どうかな?

とか思ってしまったが、それは見当違い。

社長の考え方について書かれた本ではあるが、本来優れたビジネスパーソンというのは、その仕事に対しての絶対的な責任を持ち、キッチリ結果を出す人のことを指すので、社長の器があるというものです。

そういう意味で、「社長」と言う部分にこだわりを持たないで読んでほしい。

 

以前サラリーマンをしていた時に読んでいたらかなり衝撃的だっただろう

社長の掟

  • バランス感覚に優れている
  • 部下の言うことをよく聞く
  • 豊かな教養
  • 財務に強い
  • 強いリーダーシップの持ち主
  • カリスマ性がある
  • 国際感覚がある

たしかに私の知っている有能な社長にも、こういう人が多い。
しかし世の中には、優れたコミュニケーション力やグローバル感覚があって、会社の数字もよく理解し、幅広い教養もカリスマ性も備えたリーダーを社長に戴きながら、会社の業績は右肩下がり、経営は火の車だというケースだっていくらでもある。

それもそのはず、社長に最終的に必要な能力はただひとつ、

「なにがあっても売上を伸ばし、利益を上げ続けられること」

これだけだからだ。

手厳しいスタート。
だが、確かに、そうだと思います。
いくら良い人でも、会社の業績が悪くなれば、社員を雇っておくことが難しくなり、そのうち人員整理なんていうことが怒るはずだから。

 

社長は、「仕事が厳しい=ブラック企業」ではないと心得よ

図面ビジネスパーソン

ブラック企業がとりざたされて、厳しくすることに抵抗感のある社長もいるかも知れないが、「単に仕事が厳しい=ブラック企業」ではないのである。
ブラック企業と呼ばれるには、仕事が厳しい以上にそれなりの、特に、残業がらみの理由が無ければいけない。

仕事が終わらないので極端に長い残業が慢性化している状態が続いているうような場合で、しかも会社と社員の両方で、本来追い求めるべき効率化の視点が忘れ去られていると、ブラック企業と呼ばれてしまうことが多い。

むしろ、厳しく鍛え、仕事で結果を出してもらうよにすることこそが、社長の仕事であると強調したい。
それがまた、社員の実力を伸ばし、社員本人のためになるのだ。

 

私うえせい(@charin_co)は、今フリーランスだが、ほんの2年弱前までは広告代理店の営業マンでした。

そこ会社では、デッドラインなんて言葉は存在せず、残業が常態化していたのです。
社員も管理職が帰らないからという理由でなんとなくしなくてもいい仕事をダラダラとのこってやっているという始末。
それに嫌気がさして、朝7時半に出勤して朝礼が終わるとすぐに営業に出て、日中ずっと外回りをして、定時前に帰社して定時になると帰るということをしていました。

残業するのが当たり前になっている社風の中、それをやり続けると・・・

その続きはは愚痴になるので、ここでは控えますが、あまり良い結果にはならないということは容易に想像いただけるでしょう。

 

 

うえせいはコレを実行しようと思う

フリーランスになって、

  • 時間が自由に使えること。
  • 早くサラリーマン時代の収入を大きく超えたいという希望

という考えから、時間を決めずに際限なく仕事をしていることが多い状況が続いています。

だが、よく考えてみると、デッドラインが設けられず生産性が落ちるという状況に陥っているのではないかと気づいたので、キッチリとした睡眠時間をとることろから逆算して、仕事の時間をきっちり決めてスケジューリングをしてみます。

また、その結果はレビューしますね!

 

最後に、私の心にささった言葉を書いておきます

お金の話。。

【人生における、お金の6つの原則】

  1. 無限のお金を追い回して、有限の人生を使うのは無駄。
  2. 生きている間に使い切れない程のお金を稼ぐのは無駄。
  3. お金はそれを使ってしまうまで、あなたのものにはならない
  4. 若いうちは健康を害してまで、お金を追い回す。逆に歳を取ってくると、今度はお金を使って健康を買い戻そうとするが、既に遅すぎる。
  5. 人間が幸せかどうかというのは、どれだけお金を思っているかではなく、いかに現状に満足できるかということにかかっている。
  6. 忘れてならないのは、私たちはこの世界に無一文でやってきて、無一文で去っていくということだ。

 

 

 

吉越浩一郎氏と立花岳志氏が共著で本を出版されるらしいので、興味があればご予約を

年齢なんて関係ない?脳を効果的に鍛える3つのポイント(後編)

私うえせい(@charin_co)と同年齢で、思考から見た目から大きく違う人が多いが、それは健康への配慮とともに脳の力をどれだけ使っているかで、思考が大きく変わっているのだと思う。

前半でも述べたように、脳というのは社会人になってから、鍛えられ成長していくものであり、私ののようなアラフォーになっても十分成長する。

なので、どうせなら効率的に鍛えたいので、その3つのポイントを紹介しておこう。

 

年齢なんて関係ない?脳を効果的に鍛える3つのポイント(後編)

脳

効率的に脳を鍛える3つポイント

サイコロ3

1.日常の週間を見直す

まず一つ目は、日常生活を見直すことによって、生活習慣を変え、脳に揺さぶりをかけることが目的なのです。

生活習慣を変えることは、それまでの自分をあらゆる角度から見直すことになるだけでなく、自分の脳を点検し、脳の使い方を一新することにもつながるのです。

 

2.脳の「癖」を知る

2つ目は、脳の癖を知っておくことです。

万人に共通するものと、それぞれの人が持っている固有の癖の2種類があります。

このうち万人が共通している癖は4つあり、

  1. 褒められると喜ぶ
  2. 数字でくくると認識しやすい
  3. デッドラインを設ける
  4. 睡眠によってパフォーマンスが高まる

というものです。

では、人によって違う固有の癖とは「思考のパターン」だと考えて下さい。

好き・嫌いです。

「脳の癖」とは、あなたの脳に出来上がっている「高速道路」のようなもの。

いつも「通行」している思考の「高速道路」に乗れば、たやすく物事をこなせます。

しかし、道がない(癖ができていない)ことをするには、道路工事からはじめなければならないため、時間がかかってしまう。

だから、その手間に嫌気がさして続かないのだが、これを続けることこそトレーニングなのです。

脳

 

3.「したい思考」で発想する

最後は、能動的に考えることが重要だということです。

多くの人は、会社でも日常生活でも「やるべきこと」をたくさん抱えているのではないでしょうか?

自分にとって「やりたいこと」があっても、それができないほどやるべきことが多すぎると、やがて物事に対しても「やらなければならない」と思いながら、行動することになり、結果として「やらされている」という感覚に陥ります。

このような「させられ思考」に支配されると、受け身になって成長しないのです。

大事なのはこれを「したい思考」に変えることが大事なのです。

脳を鍛えるという行為は、明確な意思のもとに行われるものですから、「させられ思考」では効果は出ないのです。

この転換ができれば、いままでの受身的な自分とは全く違う、何事にも前向きで積極的な自分が誕生することでしょう。

 

うえせいは、やってみている

うえせいイラスト

ひとまず、理解系をきたえるべく、以下の3つのことを心がけている。

  1. 部屋の整理整頓を頻繁に行う
  2. 自分のプロフィールを見直す頻度と精度を上げる
  3. 出かける前の10分間で鞄の整理をする

実際に、ものすごく実感するというところまでいかないが、人の話しが分からなくなってシャットダウンさせることは、なくなってきている。

代わりにに何を考えているのだろう?とか、ホントは何を欲していて、何を考えているのかを、こちらも落ち着いて考えられるようになってきている。

年齢的に、記憶を鍛えるより、思考・理解というもの鍛えるほうが私と同世代以上であれば、その方がいいだろう。

前半はコチラ

 

年齢なんて関係ない?脳を効果的に鍛える3つのポイント(前編)

効果が出てきているような気がする。脳というのはアラフォーくらいになるとどんどん衰えるだけかと思っていたら大きく違っていた。

「脳のトレーニング」略して脳トレって、数年前すごく流行って私もニンテンドーDSでやっていた記憶がある。

ココ最近は全くやっていないが、私うえせい(@charin_co)も、もうすでにアラフォーになって記憶力が落ちているので少しトレーニングをしたいと思うようになった。

だいたい、身体は瞬発力は無理にしても持久力などは、年齢問わず鍛えることが出来るので、頭も鍛えられるはずと思っていたところに、こんな本に出会ったので紹介したい。

 

年齢なんて関係ない?脳を効果的に鍛える3つのポイント(前編)

脳

 

脳は死ぬまで成長を続ける

続きを読む 年齢なんて関係ない?脳を効果的に鍛える3つのポイント(前編)

お金のに困らない為にやっておくべき、すぐに出来る3つのこと。

誰しもお金には不自由なく暮らしたいと思ってるんじゃないかな?と思うのだが、あまりお金のことをクチにするのは宜しくないといったような風潮がある。

だが、やはり不自由はしたくない。

そう思うなら、ものは試しにこんなことをやってみてはいかが?

 

お金のに困らない為にやっておくべき、すぐに出来る3つのこと。

ありがとうとお金の法則

▲今回も電子書籍

1.たそがれたラーメン屋さんでお金を払う

お金にも意思があって、喜ばれたくて喜ばれたくて仕方がない状態で存在している。

だから、喜ばれるような使い方をし続けていると、いつの間にかお金自身があちこちの財布で、ひそひそ話をするようになる。

「あの人の財布に行くと、喜んでもらえるように使ってくれるよ」

「じゃあ、明日他の財布に行ったら、みんなにいっておくよ」

と、あちこちで話をしてくれる。

その話を聞いたお金さん達が、自らの意思でやってくるようになるのだ。

 

だから、行列のできているラーメン屋さんに行くのではなく、その近くにある流行っていないラーメンやさんに行こう。

行列のできるようなお店が1日1000人お客さんが入るとすると、そのお店からの感謝の気持ちは1/1000。

たそがれたラーメン屋さんが、1日50人のお客さんだと、感謝の気持ちは1/50。

同じ払った金額でも、喜ばれ方が大きく違う。

だったらたくさん感謝される方がいい。

お金さん達は、そう使われることを望んでいるからだ。

ラーメン

 

2.トイレ掃除をする

お金が入り続ける方法として、最も簡単なのがトイレ掃除。

一昔前「トイレの神様」という曲が流行ったが、まさにトイレにはべっぴんさんかどうかは別として、とってもいい神様がいる。

トイレだけでなく、家には7人の神様がいるのだ。

その7人の神様は早い者勝ちで担当を決めている。

1番先にその家についた神様は、一番見栄えのする「応接間」担当。

2番目についた神様は、その次にキレイにしている玄関。

3番目についた神様は、そこそこキレイにしている居間。

4番目についた神様は、寝室

5番目・6番目・7番目についた神様は、水回りで、中でも一番よさ気な台所、汚れたところを流す洗面・風呂、最後にトイレとなる。

どうして、神様がつく順番が変わるかというと、それぞれ神様なので、その家を裕福にしようと金銀財宝を持ってくるのだが、たくさん持ってきた神様ほど重くて遅れてしまうのだそうだ。

トイレ掃除は、その7番目の神様を大事にするということ。

だから、トイレ掃除をすると、その分もっている金銀財宝を分け与えてくれるという理屈。

不思議なものだが、別にトイレがキレイになることは悪いことではないので、すぐにやってみよう。

トイレ

 

3.お札の折り方を変えて財布に入れておき、時々使う。

お札の折り方を変えるだけで、お金が無限に入ってくる。

まず、1万円を用意する。

1万円の右上と左上に「10000」と書いてある。

これを折りたたんでつなげてみよう!

すると、なんと!!

1000010000

つまり、10億1万円となる。

このように折ったものを財布に入れておくと、もの凄い金額が入っている財布だと財布自身が勘違いし、仲間(お金)を呼び寄せるのだ。

だが、お金というのは使われるために存在しているので、ずっとしまわれたままというのは辛いものらしいので、月に1度は使ってあげて、新しい1万円を折って入れておこう。

お札

 

うえせいは・・・

どれもこれも、大阪弁で言うところの

んな、アホな!

的な感じのことばかりだと思うが、宇宙の原理原則を研究されていた小林正観さんが、いろんな例をみて導き出した答えのようだ。

確かに統計学といわれる風水などでも同じようなことをいうと聞いたことがある。

まあ、どちらによ、そんなに手間のかかることは何一つない。

しばらく試してみようと思う。

 

 

ちなみにもっとイロイロと書いてあるので読んでみて欲しい。

ありがとうとお金の法則 (だいわ文庫)

ありがとうとお金の法則 (だいわ文庫)

  • 作者:小林 正観
  • 出版社:大和書房
  • 発売日: 2014-02-12

元広告マンの納得の本「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。」

今から自分のメディアとして、WordPressでブログを始めようという方向けに設定の代行をしているうえせい(@charin_co)は、もちろん発信するメディアとしてブログを活用している。

ブログはコツコツと自分の考えや、情報を発信していってそれが積み重なってメディアとして形成していき、それをSNSなどと組み合わせることによって、読者とのコミュニケーションもとれて、そこからビジネスにつながることも・・・

ですが、即効性が求められる時代なのか、「◯◯マーケティング」とかなんとかいう方法が出てきては消えの連続。

よく考えて見れば、スマートフォンだってほぼゲームとLINEくらいしかしない、もしくはいまだに従来型のガラケーを持っている人が大多数だというのに、流行に敏感な人だけがずっとそういうものばかり追いかけている現状。

いまはWEB関係の仕事をしているうえせい(@charin_co)も、もと広告代理店で広告マン。
実際は、旧態依然とした新聞広告や折込チラシに一定の効果が認められるのは実際に目の当たりにしている。

最新の情報ばかりに飛びついて、クルクルと自分のやり方を変えている人にこそ読んでほしい本を紹介しよう。

 

元広告マンの納得の本「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。」

広告やメディアで
▲ちなみに今回も電子書籍

 

田端信太郎・本田哲也著「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。」

松尾芭蕉の「不易流行」という言葉を知っているだろうか?

『不易』は時代の新古を超越して普遍なるもの、『流行』はそのときどきに応じて変化してゆくものを意味するが、両者は本質的に対立するものではなく、真に『流行』を得ればおのずから『不易』を生じ、また真に『不易』に徹すればそのまま『流行』を生ずるものだと考えられている

まず、この本はこの言葉からスタートする。

音楽にたとえれば、最新のヒットチャートの上位を占めるポップソングであるはずの「流行」と、時代を越えたモーツアルトやバッハのようなクラシックである「不易」。この2つの関係が、本質的に対立するものではないと考えられている。

広告や自分のブランディングについてもそうで、次々と出てくる情報に踊らされるのではなく、なるべくあまり流行に左右されないものに徹することにより「流行」につながるのであろう。

表面的なテクニックやトレンドと違う本質的な考えというのを見つけてほしいものだ。

 

人を動かす戦略はこう立案する「5つのステップ」

企画 考える

【ステップ0】「目的」を必ず明確にする

いったい何人くらいを動かそうとしているのか。
それは、誰なのか。
どんな人たちなのか。

さらに大事なことは、何人くらいの誰の「どんな行動」を期待しているのか。

まずここを明確になってから、5つのステップを始める。

 

【ステップ1】「ターゲットインサイト」を洗いざらい出してみる

「インサイト(生活者の本音)」は、「人間がとる、ある行動の理由になっている本音」。
さまざまな行動に、さまざまな本音の理由があるというわけだ。

まず始めるべきは、インサイトをどれだけたくさん出せるかである。

ターゲットにあたる複数人に直接インタビューするという方法や、ネット上やソーシャルメディア上にあるターゲットの生の声を収集する方法、あるいは双方の組み合わせという方法がある。

 

【ステップ2】「目的」と「インサイト」をお見合いさせる

目的を達成するために、もっとも使えそうなインサイトは何か?ということを考えるわけだ。

その結果、人が動く「ココロの沸点」が発見できる。

 

「ココロの沸点」を起こすために何を伝えるかを決定する

どんなメッセージやストーリーを伝えるかを考えるのだ。

「伝わった人にどのように行動してもらいたいか」を、もっとも起こせそうなポイントを先に確定させておくことで、目的からブレないようにする。

わりと起こりがちなのが、ここまでのステップをすっ飛ばして、いきなりメッセージやストーリーを考えはじめてしまうパターン。

なんの根拠もなしに検討をはじめてしまう。

これが案外多い。

 

【ステップ4】「ココロの沸点」体験となるコンテンツを用意する

考えたメッセージやストーリーを具現化し、体験や体感に繋がるような「仕掛け」を用意すること。

どうしてもここが「広告コンテンツ」になりがちだった。

自由に発想しよう。

できるだけ「一方通行なものにしない」ことだ。

大事なことをは、こうしたコンテンツや場を通じて体験機会が増えれば増えるほど、ターゲットの人々の「ココロの沸点」が刺激され、人が動き出す設計になっているかどうかだ。

 

【ステップ5】「お金のかからない順に」伝える施策を決めていく

現在は、把握しきれないほどの伝達手段で世の中はあふれている。
広告にしても大きな投資のかかるテレビやマスメディアから、比較的予算のかからないデジタルアドやソーシャルアド。
うまくニュース性や話題性がつくれれば、メディアを買うことなく「報道」してもらえるPR。

同じように、うまくネット上で影響力のある人にアプローチできれば、そこから話題を広めることもできるし、動画コンテンツなどがクチコミで拡散することも多い。

とにかくキリがないが、有効かつ根本的な方向性は、

「お金のかからない順に決めればいい」

ということだ。

「一気に◯◯人を動かしたいから、ちょっと高いけど広告をするしかないか」など短絡的に考えないことだ。

広告は、最後の手段。

これはすでに欧米では常識化しつつある。

 

 

うえせいは・・・

うえせいは思う

この本のタイトルからすると、もう広告メディアというのは使い物にならないから、クチコミなどへ原点回帰しているよ。

なんていう流れの本かと思っていたら、そうではなかった。

要は、新聞からテレビ、インターネットそしてソーシャルメディアといったメディア自体の進化があって、その進化と二人三脚でもある広告やPRといった手法の多様化しているが、そんなことには左右されず、全て取っ払って昔も今も変わらないことを考えようというものだった。

それは「いったい、何人の人を動かすのか?」ということと、その人間の本能というか欲求をよく見据えようというもの。

そのような「不易」をしっかりおさえて、その上で、「技」としての広告やメディアをどう使うのかということを解説してくれているような気がする。

だから、今回紹介した内容が「5つのステップ」だけ(他にもたくさん内容があった)なのは、自分自身に置き換えて今やっていること、それを届けたい人が何人でどういう欲求のもとで私にオーダーがあるか・・・など、「不易」を考えて、その上で手法を構築したいと思ったからだ。

自分がすぐできることに集中しただけだ。

成果が上がらないからと、次々と新しい情報に飛びついている方。
来年の流行の服は◯◯と、すでにアパレル業界では決められているように、どんどん出てくるものなので、このような本でも読んで、私と一緒に「不易」を追求してみよう。

この本、ご自分のビジネスを広めていく必要のある立場の方には、オススメです。

 

今回、書評にさせていただいたオススメ本

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

  • 作者:本田 哲也,田端 信太郎
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2014-07-30