Nexus5に新OSであるLolipopがダウンロード開始。Y!mobile‎版EM01Lにも

長い間iOSオンリーだったうえせいが、Androidに変えてからはや2機種目。

かなりAndroidにも慣れて使いやすくなっています。

実際メーカーさんの色が濃く出るような日本製のものではなく、Google謹製のNexusシリーズのみしか使ったことはないのですが、はっきり言ってかなりいいです。

日本では、多数派にならっておく文化のせいかiPhoneばかりが注目されていますが、世界的な台数をみるとAndroidの方が多いということもあり、進化のスピードは半端なく早くGoogleの技術力の高さが伺えるものとなっています。

さて、今回のLolipopは「Android史上最大のアップデートが施されている」とGoogleが自信を持ってリリースした最新OSらしいので、期待しているのです。
【関連記事】
Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

WordPressアプリを使ってスマホでブログ(Android版)【超初心者向けWordPressの使い方7】

 

さて、Androidの新Ver「Lolipop」とは?

Lolipop
ちなみに「Lolipop」というのは、日本語で「ペロペロキャンディ」のこと。

Androidでは歴代Verにお菓子の名前が付いています。

で、肝心などんなものかというと、デザインが大きく変わっているらしいのですが、どんなものかは私のNexus5はダウンロードが始まっていないのでレビューができない。

YouTubeで見つけたので見てほしい。

今回のLolipopから、マテリアルデザインを採用したとのことなのでUIがかなりシンプルになっている模様。

 

マテリアルデザインが作られた目的は、Googleのすべてのプラットフォーム、つまりスマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、TVや自動車など、さまざまな機器において、共通して味わえ、体験できる操作感を作ることでした。つまり、これらのデバイスのいずれを使っても違和感を感じないような形を目指そう、スケーラビリティのあるユーザーインターフェイスのデザイン原則を作ろうとしたわけです。
ケータイwatch「マテリアルデザイン とは」より

 

つまり、Googleは今後さまざまな用途で使うためにこのAndroidを開発しているようで、TVやカーナビなんかでも採用されて、同じ操作性で使えるようになるようですね。

新機能についてはかなり多彩なようです。
全部は紹介できなさそうなので、その辺はこのGigazineの記事をご参照あれ。

gigazine_lolipop

 

「Android 5.0 Lollipop」の新機能や変更点をNexus 9でいろいろ試してみたレポート

 

 

 

ちなみにうえせいのNexus5にはまだダウンロード通知がきていない

もうずぐ、ダウンロードが開始になるはずだから、始まったら早速レビューをして記事にしようと思っているので読んでくださいね。

 

えっ、どう言うことなん!?ソフトバンクでは解約と新規契約は同時にできないんだって

母には、私が契約した携帯電話をもたせているのだが、数ヶ月前に・・・

「トイレに落としてしまってん」

という連絡があったので、その携帯電話を預かってソフトバンクショップに行ったのだが、予想していたことと想定外のことが両方あって、しかもそのおかげで無駄なお金を数ヶ月にわたって払ってしまったのだ。

 

えっ、どう言うことなん!?ソフトバンクでは解約と新規契約は同時にできないんだって

 

softbank

想定内のこと:かなり前のモデルになるので、交換ができない。同等機種に交換するのにもかなりの金額になる

これは予想していた。

母の携帯は、新規契約してから3年以上経っている。

こうなってくると、毎月数百円払っている「あんしん保証パック」なるものは全く無駄で、なにかあったら結構なお金がかかると思ったほうがいいようだ。

もともと予測していたので、母にはもし修理できなかったら番号変えて新規契約してくるから、ガマンしてや。

と言って出てきていて、母からは「かんたん携帯」は面倒だから普通のにして欲しいとの依頼まで聞いていた。

かんたん携帯

 

想定外:今日新規契約をして新しい携帯電話にするならば、水没した携帯電話の解約は21日後以降にならないとできない。

ん?なんだこのルールは・・・

以前はこんな風に、番号変えたって新規契約するのが一般的だった時代もあったように思うのだが、どうやらこんなルールができてしまっているらしい。

つまり21日間水没してまったく使えない携帯電話の代金を日割りで払え!ということか?

店にくってかかったが、とりあってくれる筈もなく、諦めて21日後解約しようということになった。

だが、時は流れ半年ほど経ってから、あれ?携帯電話料金が変に高いぞ。。

と、確認してみると1台分払い続けていたのだ。

おいおい、もう無駄に1万円くらい払ってるやん!

 

これって一体どういう意図があってやっているのだろう。

ハッキリ言ってユーザーとしては全く無用のルールで、不便極まりない。

だいたい、解約したり新規契約したりなんて、一般的なユーザーは頻繁に繰り返すことなどない。

なにかの不正があって、その予防策だと考えられるのだが、多くのユーザーの不便の元に自分たちの利便性を追いかけてはいけないと思うのは、私だけだろうか。

 

ココ最近、孫正義氏はスマホの今までのビジネスモデルに終焉を感じてるように思う。

孫正義 pepper

iPhoneのニューモデルの発表時にもあまりメディアにも出てこず、沈黙も守っているように感じる。

孫正義が牽引するソフトバンクモバイルの動向が面白くてソフトバンクの携帯電話を使い続けているのだが、iPhoneは横並びで、それ以外は目立った新機種を投入してこず、面白みが全くない。

ロボットを販売しようとしてみたりと、何か作戦があるように思えるが、今はサービスの観点から他社に軍配があがるような気がする。

主要な通話先の問題もあり、しばらくソフトバンクだと思うが、MNPも視野に入れていることは確かだ。

 

話は大きくそれてしまったが、ソフトバンクでは新規契約をしてスグに解約をすることはダメなようなので、私と同様な状況の場合は、ちゃんと忘れずに解約しよう←としか言いようがない。

iPhone6Plusが大きくて話題だが、JRに巨大iPhoneがあるような気がする

普段は大阪の南側で私鉄沿線に済んでいるためにJRにに乗る機会は非常に少ないのだが、たまたま乗った時に気になりだしたらどうしてもそう見えてしまうものがあって、ブログでシェアしたくなった(^_^;)

 

 

iPhone6Plusが大きくて話題だが、JRに巨大iPhoneがあるような気がする

 

iPhone6_ iPhone6Plus

もう、どうにも見えてしまうものは仕方がない

 

 

 

だいたいドコの駅にでもあるコイツ・・・

 

 

 

そうコイツが、

JR自動改札

 

 

コレに見えて仕方ない

iphone4s

 

と、くだらないつぶやきでした(^_^;)

iOS8でサードパーティ製キーボードを設定する方法

iOS8になり、やっとサードパーティ製のキーボードが使えるようになった。

この機能は、Androidにおいては昔から実装している。

もともと、iPhoneユーザーで、いまも使ってはいるがメインをNexus5というGoogleさん謹製のスマートフォンを使っている私うえせい(@charin_co)が、その使い方を自分の備忘録も兼ねて解説しておこうと思う。

 

関連記事

iOS8に、2014年9月18日のちょうど2時からアップデートをしてみた

iPhone6の発表で盛り上がっているが、iOS8の特徴とアップデートの準備をまとめてみた

iOS7にアップデートしてみました【事前に注意したい3つのこと】

 

iOS8でサードパーティ製キーボードを設定する方法

simeji

 

今回は、Androidでは超おなじみのsimejiというキーボードを設定する。

といっても、iPhoneユーザーには馴染みはないだろうし、サードパーティ製のキーボードなんていうものが存在することすら知らないだろうから、この機会に一度使ってみるといいと思う。

 

1.あらかじめ、APP Storeにて「Simeji」というアプリをダウンロードしておく。

 

2.[設定]→[一般]→[キーボード]と進んでいくと下のような画面になる。

ここで新しいキーボードを追加を選ぶ。

simeji_1

 

3.Simejiが現れているので、タップして追加する。

simeji5

 

▼追加されている

simeji キーボード追加

4.地球儀マークから、Simejiを選ぶだけ

キーボードからの入力が必要な状況になったときに地球儀マークを長押し(順番に選んでもよい)して、Simejiを選択するだけでOK。

simeji キーボード

 

 

5.iOSのキーボードでは見慣れない感じなっている

Simejiは、顔文字が豊富なのと、カワイイ着せ替えができることでポピュラーとなっている。

 

Androidを普段から使っているが、コレは使っていないので試してみようと思う。
simeji 見た目

まとめ

うえせいは思う

まだまだ対応のキーボードが少ないが、ATOKなども開発を表明しているので、今後どんどん増えてくるだろう。

私としては、Google日本語入力のように、いろんなデバイスに対応していて、同じように使えるものが出てくればと思っている。

いま現在、お世辞でもiPhoneの日本語変換は賢いとはいえない状況であり、今回やっとサードパーティ製のキーボードが使えるようになった。

正直なところ

「Appleさん、ようやくだけどよく出来ました」

という印象。

正直、日本語なんていう特殊な環境に独自で全部やるにはなかなか厳しいんでしょうね。

そして、iOS8からの新機能はまだまだあるので、そのインプレッションを続けていきたいと思うので、良かったら見てほしいです。

2014年9月18日AM2:00になって、すぐiOS8にアップデートしてみた。

日本では、2014年9月18日の午前2:00からiOS8へのアップデートが始まったので、私うえせい(@charin_co)は一度寝て、2時に起きてさっそくアップデートしてみた。

 

関連記事

iOS7にアップデートしてみました【事前に注意したい3つのこと】

iPhone6の発表で盛り上がっているが、iOS8の特徴とアップデートの準備をまとめてみた

 

2014年9月18日AM2:00になって、すぐiOS8にアップデートしてみた。

 

iOS8外観

特に問題なく完了したが、1.1GBもあるので通信環境に注意

あまり、遅い通信環境ではダウンロードに凄く時間がかかるだろうから、自宅など速い環境で実行したほうがいいみたいだ。

 

流れを追ってみよう

1.午前0時頃に確認したが、まだだった

iOS7.1.2状態が最新

 

2.午前2時になってスグ確認すると。。。

[設定]→[一般]→[ソフトウエアアップデート]で確認

iOS8アップデート可能

 

3.ダウンロードをはじめる

なぜか少し待たされたが、これは2時でいきなりスタートしたからか(^_^;)

iOS8待たされる

 

4.iCloudの規約や、プライバシーポリシーなどにOKしていく

 

iCloud Drive

 

5.あっけなく完了して、少しイジってみた

あまり変わった印象はない。

ヘルスケアなど、新しい機能についてはまたレビューするが、iOS7へのアップデート時はフラットデザインへ移行したので見た目が大きく変わったが、今回はそうでもないようだ。

ただ、下から上にスワイプしてコントロールセンターを出してみると・・・

「YouTube」ってここにあったっけ?

というのは、ボクのちょっとした疑問。。。

実際、コントロールセンターはあまり使っていなかったので。

iOS8とりあえず変わったところ

 

まとめ

うえせいは思う

また、変わったところがあれば報告をどんどんしていくが、デザイン的に大きな変更が無いので見た目はそう変わらない。

なので、通常使う分にはよく使うアプリが対応しているかどうかというのもあるので、しばらく様子見でもよいというのが、正直な感想だ。

普段はAndroidメインなのだが、ここ数日はiOS8を使いまくってみようと思う。

ちなみに、2時に始めて朝5時半に起きたら終わっていたので、所要時間はよく分からないが、我が家はADSLの環境ということを勘案すると安定して光回線ならばそれほど時間はかからないのかも?

ひとまず時間のない時にすることではないことは注意しておこう。