一日を最高に気持ちよく過ごす為の朝の習慣【激アツに生きる格言No.202】

おはよう
【意味】

朝の挨拶

無差別に「おはよう!!」って言ってみたら?

 

Goodmorning

今朝、20kmほどゆっくりと走ってきた。

遊歩道を走るので、走ってる人や散歩をしている人が沢山いる。

クルマが走らず、自由に行き来する中すれ違うことも多いので、ちょっと思いついた。

なんか気まずいから、

「おはよう!」

って、全員に言ってやれって。

そう思って、すれ違う人全員に挨拶しまくっていると、挨拶を返してくれる人、なんだかびっくりしている人、会釈だけする人、もちろん無視する人もいる。

だけど、言いまくった。

そうすると、面白いことに

めっちゃ清々しい!

挨拶ってすごく気持ちい。

おかげさまで、睡眠不足の中尻上がりにペースをあげることができた。

1日気持よく過ごせそうだし、良い習慣だと思ったよ。

一度やってみることをオススメしておくね(^_-)

 

おはようはおもてなしではないが、挨拶だけで印象は大きく変わるよ!

ディズニーの「おもてなし」プラチナルール

ディズニーの「おもてなし」プラチナルール

  • 作者:J・ジェフ・コーバー
  • 出版社:日本文芸社
  • 発売日: 2014-01-17

夢や目標の実現に欠かせない2つのこと【激アツに生きる格言No.201】

触らぬ神に祟りなし
【意味】

関わり合わなければ、災いを招くことはないが、ご利益を得ることもない。

賢く生きることが、常に正解であるとは限らない。

ノートとペン

世の中、面倒なことには関わらない方がいい。

賢者はそうやって生き残ってきたのだろう。

おそらく、ダーウィンの法則でいうといろんな事にどんどん挑戦していくタイプは、進化の過程では命の危険にさらされて淘汰されてきた。

 

だが、考えてみて欲しい。

現在ではどんな挑戦をしても命の危険にまで及ぶことは、ありえない。

日本だとセーフティネットも整っているし、餓死するようなことも無いだろう。

祟りを怖れる必要はないのだから、神に触りに行ったらいいのだ。

その神様がすごいパワーを秘めていて、自分の力になってくれるかも知れない。

 

自分のやりたい事、好きなこと、ワクワクすることはなんだろう?

その内なる声に聞き耳を立てておくといい。

そうやって聞こえてきた感情に、理性で肉付けをすれば、目標が完成だ。

 

あとは、その目標に向かって没頭し続けること。

没頭と継続

この2つが夢や目標の実現に、絶対必要条件だからだ。

 

 

夢や目標を持って、それを実現したければ16時間は働け!とアニキは言っているぞ!

大富豪アニキの教え

大富豪アニキの教え

  • 作者:兄貴(丸尾孝俊)
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012-06-22

人生で重要な選択をする時の選択基準はくだらない方がいい理由【激アツに生きる格言No.200】

カッコイイ
【意味】

カッコイイかどうか問いかけている様子。

いま自分がカッコイイかどうか?もしくは、カッコイイ方を選択できているかどうか考えてみよう。

メガネを外す男性

いま、自分のことをカッコイイと思えているだろうか?

何か悩んだ時や選択しようという時には、常に「カッコイイ」かどうかを意識するようにする。

すると他人がどうあれ、ずっと好きな自分でいられる。

他人が見てカッコイイかは、この際どうでもよくて、ここはあくまでナルシストでいい。

自分を好きでいられれば、自身が湧いてきて、その自身が新たな挑戦をさせてくれるのだ。

 

私は、自分勝手かも知れないが、そうやっていろんな選択をしてきた。

失敗も沢山してきたが、後悔は全く無い。

常に自分で選択してきたからだ。

 

凄くくだらないコトでもいい。

自分が迷ったとき、選択すべき時にブレない指針みたないものを持っておくといい。

「カッコイイ方」

「好きな異性が褒めてくれる方」

とか、、、

結構そんな単純でくだらないほうが、生きてて楽しいし、楽な方へは進まないから、自分も成長できる。

 

実は、この毎日書いていいることわざをモジッた格言ブログ、今回が200回目

とにかく200回を目指して書いてきたこのシリーズ。

とうとう200回目を迎えた。

それを記念して、自らのくだらない選択基準について書いてみた。

 

おそらくインフルエンザにかかった時以外は毎日休まず書いたなあ、と思うと感慨深い。

近々に、違うシリーズを書いていこうと思っているのだが、まだ内容を決めきれていないので、もう少しは続けることにしている。

続けて読んで頂いた方、ありがとうm(_ _)m

そして、新しいシリーズも是非とも読んでいただきたい。

 

 

うえせいが真剣にブログを書くことに対して、すごく影響を与えてくれた本

ノマドワーカーという生き方

ノマドワーカーという生き方

  • 作者:立花 岳志
  • 出版社:東洋経済新報社
  • 発売日: 2012-06-01

後手からスタートしても問題ないと思える考え方【激アツに生きる格言No.199】

先んずれば人を制す
【意味】
何事も人より一歩先に事を行えば有利であるが、別に後れても大丈夫という意味

 

誰かとくらべて始めるのが早いか遅いかを気にして、スタートしないのが一番良くない

 

ネクタイ男性

他人よりも先に物事を実行に移せば、確かに有利な立場に立つことができるが、遅れたからと言ってやりたい事を諦める必要は何一つ無い。

大事なことは、先に始めることではなく、そのやりたい事をやっていて楽しいか?ワクワクするか?ということが大切。

まず、自分の心の声に耳を傾けよう。

それで、やりたいと思ったことは、すぐ始める。

多少遅れをとっていたとしても、それはそんなに大きな問題ではない。

好きなこと、ワクワクすること、楽しいことならば、パワーが出る。

いますぐ、一足飛びにことが進まなくてもいいから、どうすればそれが出来るか?を考えるだけで、それはもう始まっているのと同じ。

いま自分ができることから、スタートしていけば、時が来ればスーパージャンプできる。

思い立ったが吉日。それ以外は凶日

いつもそんな意識でいることが大切だ。

 

悩んでないで、とにかく始めてみるといいと感じられる本

九死に一生スペシャルについて真剣に考える【激アツに生きる格言No.198】

九死に一生を得る
【意味】
ほとんど助かる見込みのない危険な状態から、脱するとスーパー強くなっている。

 

「生」と「死」について真剣に考えてみるといい。いま生かされている時間の大切さが分かるだろう。

ベジータ回復

ドラゴンボールという漫画で、主人公の孫悟空を含めた数人のサイヤ人なる人種が出てくるが、このサイヤ人は死にかけになって復活すると、戦闘力がアップしているという設定だったような気がする。

 

なぜ、そんなこと?

というのは、漫画の世界ではなくリアルで、普通の人間もそうなると強くなる。

自分の「死」というものについてリアルに考えるようになり、命や与えられた時間の大切さがわかるからだ。

 

自分の人生の残り時間と、自分のやりたいこと、夢や目標について真剣に考えてみるといい。

今と同じように過ごしていて本当にそこに近づけるだろうか?

 

考えたことが無いのなら、一度真剣に考えてみるといい。

人生は一度きり、せっかく与えられた命を怠惰な時間に費やさず、世の中を少しでもよくして、次の世代にバトンを渡すようにしよう。

 

考え方一つで運命は好転する

運命好転十二条

運命好転十二条

  • 作者:小林正観
  • 出版社:五月書房
  • 発売日: 2010-11-05