Lolipop

Nexus5に新OSであるLolipopがダウンロード開始。Y!mobile‎版EM01Lにも

長い間iOSオンリーだったうえせいが、Androidに変えてからはや2機種目。

かなりAndroidにも慣れて使いやすくなっています。

実際メーカーさんの色が濃く出るような日本製のものではなく、Google謹製のNexusシリーズのみしか使ったことはないのですが、はっきり言ってかなりいいです。

日本では、多数派にならっておく文化のせいかiPhoneばかりが注目されていますが、世界的な台数をみるとAndroidの方が多いということもあり、進化のスピードは半端なく早くGoogleの技術力の高さが伺えるものとなっています。

さて、今回のLolipopは「Android史上最大のアップデートが施されている」とGoogleが自信を持ってリリースした最新OSらしいので、期待しているのです。
【関連記事】
Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

WordPressアプリを使ってスマホでブログ(Android版)【超初心者向けWordPressの使い方7】

 

さて、Androidの新Ver「Lolipop」とは?

Lolipop
ちなみに「Lolipop」というのは、日本語で「ペロペロキャンディ」のこと。

Androidでは歴代Verにお菓子の名前が付いています。

で、肝心などんなものかというと、デザインが大きく変わっているらしいのですが、どんなものかは私のNexus5はダウンロードが始まっていないのでレビューができない。

YouTubeで見つけたので見てほしい。

今回のLolipopから、マテリアルデザインを採用したとのことなのでUIがかなりシンプルになっている模様。

 

マテリアルデザインが作られた目的は、Googleのすべてのプラットフォーム、つまりスマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、TVや自動車など、さまざまな機器において、共通して味わえ、体験できる操作感を作ることでした。つまり、これらのデバイスのいずれを使っても違和感を感じないような形を目指そう、スケーラビリティのあるユーザーインターフェイスのデザイン原則を作ろうとしたわけです。
ケータイwatch「マテリアルデザイン とは」より

 

つまり、Googleは今後さまざまな用途で使うためにこのAndroidを開発しているようで、TVやカーナビなんかでも採用されて、同じ操作性で使えるようになるようですね。

新機能についてはかなり多彩なようです。
全部は紹介できなさそうなので、その辺はこのGigazineの記事をご参照あれ。

gigazine_lolipop

 

「Android 5.0 Lollipop」の新機能や変更点をNexus 9でいろいろ試してみたレポート

 

 

 

ちなみにうえせいのNexus5にはまだダウンロード通知がきていない

もうずぐ、ダウンロードが開始になるはずだから、始まったら早速レビューをして記事にしようと思っているので読んでくださいね。

 

スポンサー広告