HUBLOGZ

一日DJわいざんをしてみて感じたこと

今年の彦根はだいぶん雪が少なくて助かっています。

積もっても30センチくらいなんでまだまだ全然マシです。

そんな意外と雪国彦根に住んでいますイトーちゃんです。

 

さて、最近Twitter界隈で話題になっているのがfeverというサービスです。

スクリーンショット 2018-02-04 17.31.34

fever内の取引所に上場したコミュニティは、コミュニティのコイン(トークン)を発行することができ、仲間や支援者を増やしながら、独自の経済圏を作り出すことが可能となります。なお、一般ユーザーは購入したコミュニティのコインで、コミュニティに紐づく商品(チケット)を購入することが可能な他、コインの価値の変動に応じて、売却することもできます。

feverでは、サービス開始に先駆け、公開されたティザーサイト上で「投票所」と称し、サービス内の取引所に上場を希望するコミュニティやチームの事前募集を開始しています。エントリーされたコミュニティやチームの人気度を「投票数」として計測し、その結果上位5チームに取引所へ上場する権利を付与します。(fever webサイトより)

このfeverへの上場を目指して人気投票に応募したのがボクが応援するDJわいざんのコミュニティ。

そしてなぜ彼がfeverに応募したのかその過程はこのブログで読んでもらえるとわかりやすいです。

 

先頭に立ち応援することに

昨日現在DJわいざんは上場のために必要な5位以内には入っていますがまだまだ安心できるような状況ではありません。

3位との差はどんどん拡がるばかりです。

スクリーンショット 2018-02-04 17.47.03

ちなみに1位のぺーたーずと2位のTOLANDはDJわいざんとも関わりのあるコミュニティです。

ですが、やはり両グループも夢を持ちどうしても上場したいという思いが強いコミュニティです。

そんな2つのグループがライバルのDJわいざんを応援するという事態になっています。

 

わいざんが目指す強制性のないコミュニティ。

それを体現するためになんとわいざんは自分のコミュニティーの代表を退き2位のTOLANDを応援すると言い出したんです。

代表が選挙中に退くなんてことは常識的には全く考えられないことですが、彼なりの思慮があり自ら代表を退く形になりました。

その過程はわいざんのこのブログを読んでもらえるとよくわかります。

そして、代表を退いた初日はしなやんが見事に一日DJわいざんの大役を務めました。

しなやんお疲れ様でした

 

そして、

ちょっと派手だったかな(笑)

わいざんオンラインサロンの仲間たちはすごく応援してくれてめちゃめちゃ反応してツイートしてくれたり、レターポットで賞賛のレターをくれたり「好き」って2文字のレターを送ってくれたり、本当嬉しかったなあ。

 

 

一日DJわいざんになりきる

feverへ投票してくれた人一人ひとりを引用リツイート

これには一番力が入りました。自分のフォロワーの方が自分に投票してくれているのではないんです。

あくまでわいざんのつながりの人であったり、わいざんのファンの方であったり友人の方であったり。

いつも仲良くしてくれいるわいざんの大切な人たちを雑に扱うわけにはいかないし丁寧に引用したり返信をしたりしました。

 

類は友を呼ぶ。やはりわいざんに投票する人は楽しいことが大好きでノリがいい。

そして、考え方は似ているしボクとも近い。多くの人とつながることができました。

 

ちなみにこのツイートのサムさんは2位のTOLANDの代表者。

本当にお互いが足を引っ張り合うのではなく、お互いがお互いを高め合っているいいコミュニティに出会えてボクは本当に幸せだと思う。

 

わいざんのつぶやきシリーズ#yzan思考をオマージュ

もともと考え方が近いのでお互いに共感する部分も多いのですが、#一日yzan思考を名乗るからには全くわいざんが言わないことを呟くわけにはいきません。

その辺を気遣い#yzan思考を再度見返し熟読しツイートの癖を見つけたり考え方について復習したりしました。

その結果

「言いそう」頂きました!!

 

投票状況は随時報告

これが一番重要な任務。やっぱり投票を忘れている人や今まで投票していない人に興味を持ってもらうことが一番大切なのだと思いました。たとえそれがDJわいざんであってもぺーたーずであってもTOLANDであってもいい。

とにかくこの投票に参加してもらいたいという思いでツイートしました。

 

こうやって一日DJわいざんになることで、例えば他のコミュニティの方からのDJわいざんへの投票であったり、どういう意図でわいざんに投票しているのかという物語性を知れたり投票してくれている人の体温をすごく感じられるいい機会になりました。

わいざんには悪いんだけどこうやってわいざんから代表を一日譲ってもらって得られたものが一番多かったのは実はボクなのかもしれません。

 

 

まとめ

わいざんとはつながってまだ2年も経っていません。

でもものすごくSNS上で濃厚に交流することでその思考や行動に多大な影響を受けていることは間違いありません。

実はこの#一日yzan思考はボクがわいざんとの思考や行動の共有を通して生み出したものなんです。

一番の彼との考え方の共通点はとにかくSNS上ではコミュニケーションが命だということです。今回も引用ツイートを通してボクの体温を伝えて相手の体温を感じるという姿勢。それを全員に拡散するのではなく、一人ひとりととるということを実践しています。

そういう姿勢がそのままそのアカウントなりその人自身への信用へとつながるのだと思います。そこには全くごまかしは通用しないのだと思っています。

 

ボクは会社員ですが、今まではSNS上で付き合う人は経営者や個人事業主の方が多いのです。

会社員である自分をどうも行動できていない人間だと劣等感を感じることは非常に多かったのです。ひょっとしたら他にもそういう風に感じている人もいるのかもしれません。

彼の劣等感を大切にする姿勢に触れながら今ではそのような感情はほとんど起こらなくなっています。

むしろ会社員であるがゆえに仕事にリスクなくSNS上で振る舞うことができるのです。

それをボクの仲間たちを応援したり還元することに使えばいいんです。

 

あいつなにやってんだってバカにされても良い。鼻で笑われても良い。

馬鹿をやって今までSNS上で築いたものが壊れたとしてもボクにとってはそれほど痛手は被りません。

それだったらたった一人の人間のために馬鹿になることを楽しむ方が面白いのだと思います。

 

 

 

今4位ですが、3位との差はさらに拡がっています。

3位まで上がりたい!!

DJわいざんを何とかして上場させたい。

そして行動を全肯定する人や劣等感をバネにして自信をつける人が増えてほしい。

DJわいざんへの投票はこちらから

 

今日お伝えしたいことは以上です。

 

 

 

 

レターポットで感想をいただけると飛び跳ねて喜びます。

イトーちゃんのレターポットはこちらから

この記事を書いている人

伊藤 正裕
滋賀県在住ソーシャルサラリーマン。
サーフィンとマラソンと読書をこよなく愛しています。

コメントをよろしく

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.

follow us in feedly

やまと

やまと

1号のやまとです。よく書く記事は、ガジェット情報や書評です。スキーの記事も書こうと思っています。よろしくお願いします。

うのっぴー

うのっぴー

HUBLOGZ2号のうのっぴーです。京都からノンジャンルのライフログを届けします。

うえせい

うえせい

HUBLOGZ V3のうえせいです。よく書く記事は、習慣化、運動・健康系です。よろしくお願いします。

ようこ

ようこ

HUBLOGZ Pinkのようこです。健やかなココロと綺麗なカラダの為の幸せ習慣をお贈りします。

もっちゃん

もっちゃん

ユースケ

ユースケ

シンプル系ブロガー/ライター
HUBLOGZメンバーではダントツの最年少。Appleと無印良品をこよなく愛する。

みほ

本谷美穂

HUBLOGZ Yellowのミホです。尾道グルメ観光・しまなみ海道サイクリング情報をお届けします

イトーちゃん

伊藤正裕

HUBLOGZXことイトーちゃんです。ランニングと読書大好き。学びと健康をお届けします。

Return Top