もうPCメガネは要らない。Macの画面にフィルターをかけてくれるアプリ「f.lux」

自宅ではPCメガネを愛用しているうえせい(@charin_co)。

今回いいアプリを紹介してもらったので紹介するのだが、これのおかげで愛用しているPCメガネが必要無くなりそうだ。

 

【関連記事】
MacBook Airの容量不足をクリーンインストールすること無く解決する方法

Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

 

もうPCメガネは要らない。Macの画面にフィルターをかけてくれるアプリ「f.lux」

eyeglasses_on_white

よく考えてみるとPCメガネで、PCの画面以外の色を変える必要はない

実は、私うえせい夜にPCメガネをかけて作業をしていると眠くなる。

本当に相関関係があるのかは分からないが、視界全体が数%暗くなるというのも理由だと思っている。

それに、コンタクトレンズをつけているのに更にその上からメガネを掛けるのもどうかと思っていたし、外出先ではわざわざPCメガネを持っていかない。

そう考えると、このアプリを教えてくれた友人に感謝だ。

ちなみに、導入方法・インストールの仕方は次の通りだ。

 

 

「f.lux」インストール方法

f.lux

https://justgetflux.com/

上記のURLのサイトへ行って、真ん中の「download f.lux」ボタンを押して、ダウンロードする。

あとは、それを解凍してウィザード通りにインストールを進めていくだけでOK。

 

「f.lux」の設定画面

Mac_flux

インストールして最初は設定画面が起動するのだが、起動した状態だとアイコンをクリックしても当然なにも起こらない。

設定画面を起動するにはメニューバーに「f.lux」が追加されているので、そちらをクリック。

すると、設定画面が起動する。

flux_設定

どうやら現在地から、日の出と日の入りを調べてそれに輝度を合わせる機能もあるらしく、許可の有無を最初に聞かれる。

どちらにしても初期設定の状態ではかなり赤く逆に見づらいので、自分のいいように調整しよう。

慣れないウチは変に感じるかも知れないが、どんどん赤くてもOKになってくるので、私うえせいの画面を初めてみる人は、かなり暗く感じるかも知れない。

ちなみに、もとに戻したければこのアプリ自体を終了させればいいので、グラフィックデザインなど色を確認しないといけない職業の人などは、頻繁に切り替えることで使えるのではないかと思う。

私の場合は、WEB関係の仕事をしているといっても、実際色に気を使う場面はメインではないので便利に使わせてもらっている。

 

 

うえせいは、かなり利用させてもらっている。

うえせいイラスト

私うえせい(@charin_co)は、最近メガネキャラをやめたのだが、実際はコンタクトレンズをつけているか度入りメガネをかけている 近視くんだ。

だから、PCメガネとなるとコンタクトレンズONメガネか、度入りメガネをPCレンズにしないといけない。

非常に面倒だと思っていた。

だが、PCレンズをかけての作業とかけない場合とでは目の疲れがかなり違うし、クライアント先でWindowsPCを使うことも多いのだが、1日使っていると目がかなり疲れる。

 

一日中PCを使うようなお仕事をされている方は、一度導入されてはどうだろうか。
 

疲れ目に役立つかも

「どうせ無理」という言葉を無くせば、世界が少しだけ良くなると思う件

なんでも、やる前から今日無理だと決めつけたかかることって意外と多い。

特に子どもが「オレ将来◯◯になりたい。」とか、言ったりするときにあまりにも大きい夢や訳の分からないことを言った時に「そそれは無理だから、一生懸命勉強しようね」なんて言ったりしていないだろうか?

子どもででなくても、知人友人が自分の将来を語ってくれた時に、「それは厳しいと思うよ」とか言っちゃわないか?

私うえせい(@charin_co)自身が、今のように独立して仕事をする時に、よく言われた言葉だ。

だが、こう思った。

厳しい=やめた方がいい、ではないんじゃないか・・・と

そんな私に、面白い動画を紹介して頂いて共感したので紹介したい。

【関連記事】
テンションあがる。ナオトインティライミの「LIFE」は、前向きに進む時に聞きたい曲

あなたが、どうしてもネガティブになる時の為の、5つの前向きのカケラの集め方

 

「どうせ無理」という言葉を無くせば、世界が少しだけ良くなると思う件

 

人間は、現状を変えたくない上に、まわりの人も自分と同じでいて欲しいと思うもの

人間だけでなく、生物というのは変化を好まない生き物である。

なぜなら、同じ環境で生きている方が生存確率が高いから、何においても変化しないようにDNAに刷り込まれている。

順調にいっている時ほど、そのままを維持するように動くのはそれが理由だ。

そして、まわりの人間が変わると環境が変わってまうので、そこも変えたくない、同じでいて欲しいのだ。

 

現代社会で生死に関わるようなことは少ないから、どんどんチャレンジすればいい

子供の夢
この動画の中でも、誰も「あきらめ方」を知らずに生まれてきている、と言っていた。

ホントにそうだと思う。

でも、大きくなっていくと、まわりから止められたり、時には自分であきらめてしまったりして、どんどん「あきらめ方」を身につけていってしまう。

それは仕方のないことかも知れないけど、せめて自分だけでも、周りの人が夢を語ってくれた時に

「だったら、◯◯すればいいじゃん」

「こんな人いるから、紹介するよ」

と言うようにしたらいい。

そういう人が少しずつでも増えてくれば世の中は1mmずつでも良くなってくるんじゃないかな?

 

ということで、うえせいは・・・

「どうせ無理」を禁句にします!

 

日本人は肩書に弱いので、何かそれっぽい資格くらい取っておこうかと思うこのごろ

日本人にとって「肩書き」は結構重要なものだと思う。

大手企業に勤めていたり、それ相応の役職に就いているというだけで信頼されたりもする。

「肩書きなんて気にしないよ」というかも知れないが、やっぱり、肩書きで相手の社会的地位を判断する人が多いのも事実。

 

日本人は肩書に弱いので、何かそれっぽい資格くらい取っておこうかと思うこのごろ

積み重ねた本

私自身は何もこだわらないのだが、こだわる人のために取ってみようかと思う

◯◯認定資格、◯◯技能検定、◯◯士、などなど・・・

いろんな資格があるものだが、やはりそういう資格を持っているというだけで、デキる人かのような見られ方をする。

そして、グチにはなる私のような独学で学び、仕事をしながら覚えてきたような人間に対しては、すこし評価が低い気がする。

私うえせい資格というものに興味がなかったのですが、何か取ってみようと思うようになりました。

どこに所属していて、肩書は何で・・・

みたいなことで判断される。

私のように役職が「自由人」やら「自由に生きる案内人」など意味不明なことを書いてあると、余計に下に見られるようだ。

 

では、なにか資格を取ってみよ

資格取得

 

世の中には、似たような名前の試験が沢山やるようで、あるキーワードで検索すると山のように出てくる。

そんな中でも自分の仕事に繋がりやすいであろうものをチョイスしたチャレンジしてみるのもいいだろう。

なんせ以下に紹介するサイトでは、地域を入力して検索するだけ。

非常に簡単だし、沢山あるので、いまどのような資格があるのだろう?

などなど、学びのことであれば検索して調べることができるのは凄く嬉しい。

 

ま、いちど気になる資格があるなら資料請求でも考えてみるべきだと思う。



資格

時間短縮に役立つ。WordPressでブログを書く時間を短縮できるプラグイン

ブログって、書けば書くほど過去の記事が資産になってアクセスが増えていくけど、書く時間がなぁ、なんて人すごく多いような気がする。

だけど、実際書く時間ってどの位?って聞くと、

「2時間くらい」

正直かかりすぎ。

ブログを書くのにそんなに時間をかけるイコール、書くためのハードルが高いということ。

そりゃ躊躇するでしょ。

当ブログもWordPressで動いているので、WordPress限定にはなるが、以前の記事を簡単にコピペして使えるプラグインがあるのでご紹介。

【関連記事】
必見!ブログを速く書くために、私うえせいが工夫している3つのこと

 

時間短縮に役立つ。WordPressでブログを書く時間を短縮できるプラグイン

timeFlies

「Duplicate post」ワンクリックでコピペした記事からスタートできる

このプラグインを導入すると、記事一覧や記事の公開欄に項目が増える。

「新規下書きとしてコピー」というところをクリックすると、コピペされて下書き状態の記事が立ち上がるので、必要な箇所だけ残して、あとは削除してしまってから、新たに書き始められる。

これはとても便利だ。

 

使い方は次の通り

通常通り、新規でプラグインの追加を行うと、投稿一覧の画面に次のような項目が2項目追加される。

duplicate_post1

[複製]:ここをクリックすると、記事を複製し下書き保存をする。

[新規下書き]:ここをクリックすると、記事が複製され、そのまま新しい記事編集画面が開く。

 

duplicate_post

 

記事編集画面の右にある公開欄にも[新規下書きとしてコピー]という項目が増える。

ここは、前述の[新規下書き]と同じで、記事編集画面が開く。

 

うえせいは、かなり利用させてもらっている。

うえせいイラスト

私うえせい(@charin_co)は、当プラグインのを利用して、ひな形を[新規下書き]して、そこから書き始めているので、ほとんどの場合、導入→タイトル→写真→小見出し→本文の順番で書いていっている。

このことによって、どういう順番で書いていこうか、なんてことに頭を使わなくて済む。

とにかく余計なことに頭を使わない、作業しないということがブログを書くというハードルを下げることになるのだ。

ひとまず導入して確かめて欲しい。

 

もし分からないことで、直接うえせいに聞きたい!なんてことがあったら、問合せフォームから問合せだけでもOK!

ただし、忙しい時は少し時間をもらうから、ごめんなさいm(_ _)m

 

このプラグインの本は凄く役に立つ

自分がわかる。自分の適正がハッキリ分かる1番明確な方法。

自分の適性を知るために最大限に有効な方法をお話しよう。
絶対に、どの方法よりもはっきり分かるからだ。

実は、以前にも似たような記事を書いたことがあるが、大事なので一度も書いておく。

自分に何が向いているか?

何が一番したいのか?

こんなことで悩んだ挙句に「自分探し」とか言って旅をしてしまったり・・・

【関連記事】

旅なんかしてたら自分を見つけることはできない件【四字熟語で激アツに生きるNo.021】

自分をもっと知りたいのに、自分探しの旅は逆効果【激アツに生きる格言No.174】

何もしていないのに、そんな旅をして何かが見つかるわけもない。

もちろん、私うえせい(@charin_co)も旅は大好きだし、どんどん行って欲しいとも思うが、そんな理由で旅をするのはどうかと思う。

旅は自分の世界を広げるためのものであって、決して自分の中に入って見つめなおすものではない。

 

自分がわかる。自分の適正がハッキリ分かる1番明確な方法。

地球

 

 

全世界まわって旅をしても、自分の中は見えない

例え全世界を回ったって、自分の中にあるものはずっと自分の中にあるままだ。

世界を見るという行為はしているが、自分の中と対面していないからだ。

自分の適正を知ろうとすると、自分の中を見ないといけない。

だが、自分をしっかり見ても自分が何にむいていて、何が得意かなんてなかなか分からないものだ。

だからと言って、自分探しの旅ではなく、自分をはっきりと知る方法は何なのか・・・

 

実は答えはすごくシンプル

見上げるサラリーマン

自分に向いているかなんて、どこへ行ったって、はっきり言って分からない。

ずっと、家で自分と向き合ったって、どんどん煮詰まってくるだけ。

だったら、少しでも自分が「コレやりたい」なんて衝動があるものは全てやってみるのだ。

実際やってみて、これ好きだ、とかコレやってみたけど向いてないわぁ、なんてことが分かるはずだ。

思った時が吉日。

やってダメだった時のことは考えない。

その時はその時だ。

 

うえせい、実はめっちゃいっぱい失敗していて、今もチャレンジの人生だ

うえせいイラスト

私うえせい(@charin_co)、はっきり言って失敗の人生だ。

何か始めては、失敗してまたお金のために仕事をして。また何か始めては失敗して・・・

日本っていうセーフティーネットの整った国で、人生つまずいたって死にはしない。

多少ビンボーになるだけ。

だから、やってみているって人生ですごく生きている実感はある。

これから先、っていうか来年迎えられるかどうかも、不安な人生だけど、めちゃ楽しい。

 

それでいいんじゃね?