Nexus5に新OSであるLolipopがダウンロード開始。Y!mobile‎版EM01Lにも

長い間iOSオンリーだったうえせいが、Androidに変えてからはや2機種目。

かなりAndroidにも慣れて使いやすくなっています。

実際メーカーさんの色が濃く出るような日本製のものではなく、Google謹製のNexusシリーズのみしか使ったことはないのですが、はっきり言ってかなりいいです。

日本では、多数派にならっておく文化のせいかiPhoneばかりが注目されていますが、世界的な台数をみるとAndroidの方が多いということもあり、進化のスピードは半端なく早くGoogleの技術力の高さが伺えるものとなっています。

さて、今回のLolipopは「Android史上最大のアップデートが施されている」とGoogleが自信を持ってリリースした最新OSらしいので、期待しているのです。
【関連記事】
Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

WordPressアプリを使ってスマホでブログ(Android版)【超初心者向けWordPressの使い方7】

 

さて、Androidの新Ver「Lolipop」とは?

Lolipop
ちなみに「Lolipop」というのは、日本語で「ペロペロキャンディ」のこと。

Androidでは歴代Verにお菓子の名前が付いています。

で、肝心などんなものかというと、デザインが大きく変わっているらしいのですが、どんなものかは私のNexus5はダウンロードが始まっていないのでレビューができない。

YouTubeで見つけたので見てほしい。

今回のLolipopから、マテリアルデザインを採用したとのことなのでUIがかなりシンプルになっている模様。

 

マテリアルデザインが作られた目的は、Googleのすべてのプラットフォーム、つまりスマートフォン、タブレット、スマートウォッチ、TVや自動車など、さまざまな機器において、共通して味わえ、体験できる操作感を作ることでした。つまり、これらのデバイスのいずれを使っても違和感を感じないような形を目指そう、スケーラビリティのあるユーザーインターフェイスのデザイン原則を作ろうとしたわけです。
ケータイwatch「マテリアルデザイン とは」より

 

つまり、Googleは今後さまざまな用途で使うためにこのAndroidを開発しているようで、TVやカーナビなんかでも採用されて、同じ操作性で使えるようになるようですね。

新機能についてはかなり多彩なようです。
全部は紹介できなさそうなので、その辺はこのGigazineの記事をご参照あれ。

gigazine_lolipop

 

「Android 5.0 Lollipop」の新機能や変更点をNexus 9でいろいろ試してみたレポート

 

 

 

ちなみにうえせいのNexus5にはまだダウンロード通知がきていない

もうずぐ、ダウンロードが開始になるはずだから、始まったら早速レビューをして記事にしようと思っているので読んでくださいね。

 

Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

日本では、AndroidユーザーでWordPressブログを書いている人の割合って、結構少ないのかも?って思えるのだが、どうだろう?

もともと、強烈なAppleユーザーだったのだが、Google謹製スマホであるNexus5を触っていたら、かなり完成度が高く一度使ってみたいと思い、現在はすっかりAndroidユーザーのうえせい(@charin_co)は、もちろん写真をスマホで撮ったりするので、それを活用する方法を次のような方法で行っている。

Androidスマホで撮った写真を、WordPressブログで簡単に使う方法

nexus5

この写真にあるNexus5が、現在のうえせいの愛機であるが、パソコンはMacBook Airである。

 

必要なアプリ

次のアプリを事前にスマホへインストールしてあることが条件

WordPress公式アプリ

WordPressアプリ
WordPress公式アプリ
ご存知WordPressの公式アプリ。バージョンアップを重ねて使えるレベルになっている。

 

 

 

画像縮小

画像縮小アプリ

画像縮小
Android 4.0 (Ice Cream Sandwich) 以降専用の画像の縮小アプリ。
Android の「共有」という仕組みを利用して、WordPressやLINE/Facebook/Twitter などにアップロードする前に画像を縮小する。

 

 

 

次のような手順で撮った写真をWordPressのメディアライブラリにストックしておく

1.使う写真を選択して共有ボタンをタップ

出てきたメニューの中から、「画像を縮小して共有」を選択

使う写真を選択

 

2.写真をどのくらいのサイズまで縮小するか選択する。

それぞれのWordPressテーマの横幅にもよるのだが、あまり大きなサイズだと表示速度も遅くなったり、設定ができていなければハミ出るので、適切なサイズを選ぼう。

写真のサイズを選ぶ

 

3.共有先を訊かれるので、WordPressを選択

この時、他のアプリを選択すればそちらでも使えるので、そのような使い方を行いたければ、そうしよう。

共有先を選択する

 

4.WordPressの追加先を選択できる

その写真を使っていきなり記事を書いていくなら「新規投稿」でよいが、通常は」「メディアギャラリー」にして、記事を書きながら使おう。

WordPress内での選択

さいごに共有をすれば終了だ。

後は、WordPressのメディアギャラリーに追加された写真を使うだけ。

 

まとめ

できるだけ、ブログにかける余計な時間、つまり書くこと以外の写真を共有したりする時間をは少なくしたい。

それが、ブログを書くという習慣を作っていくことにもなるからだ。

このようにしておけば、ブログで使おうと思って撮った写真を、どんどんメディアギャラリーにアップしておけばいざという時にすぐ使えるだろう。

そこで、はじめて写真を選んで、サイズを調整して・・・

という手間から、解放されるだけで大きく違う。

Androidユーザーの方はぜひお試しあれ。

【関連記事】

必見!ブログを速く書くために、私うえせいが工夫している3つのこと

LINE電話を速攻レビュー。携帯や固定電話に激安料金でかけられるその使い方を解説【Android版】

 

まいど!デス(^_^)v

アラフォーまっただ中の、自由に熱く生きようと模索中!

初心者向けにWordPressを使ったブログの構築サービスを行なっている@うえせいです。
今日、LINEのアップデートをしてみたら、数日前に発表のあったLINE電話が使えるようになっているではないか!!

ということで、使い方&ソッコーレビューをしよう。

※ちなみに2014年3月17日にAndroid版のみ先行してリリースされたようなので、iOSの方はもうしばらくお待ちください。

 

ちなみにLINE電話とは、こんなものだ。。。

LINE電話LINE電話は、LINEのアプリから利用できる通話サービス。

国内外の固定電話や携帯電話宛に、独自の価格で電話をかけられる。8カ国でのサービスインとなるが、国をまたいだ通話の場合、通話料は、電話をかけた相手の場所によって異なる。

日本のユーザー宛にかけた場合は、どの国から発信しても日本宛の料金になるとのこと。

利用イメージとしては、Skype Outに近い。050番号は発行されず、相手には自分の電話番号がそのまま通知される
※ドコモ宛は番号が通知されない

LINE電話公式サイト

 

まずはアップデートをしよう!

GooglePLAYでLINEを選ぶ。

ここで、アップデートしていないアプリを全部やってもいいのだが、時間がかかってしまうこともあるのでその辺りは自己判断で。GooglePLAY
GooglePLAY2

 

 

アップデート終了後の設定などについて

「その他」メニューに「LINE電話」が出現している

ひとつ項目が増えているので、すぐ気付くだろうが、ここを押してみるのだ。

LINE電話出現

 

 

LINE電話をあけてみると完全に電話ライクな画面が出現する

ただ、このままでは電話料金を支払いようがないので、設定が必要である。

プシュボタン画面

 

電話料金の設定方法はこうだ。

予めコールクレジットを購入する方法をとってみる。

LINE電話 設定画面

LINE電話の詳しいお支払い方法についてはこちらを見て欲しい。

購入する

今回は100円だけ購入してみた。

購入完了!

 

電話帳が同期できるうえ、GPSをオンにしていると公式アカウントやLINE@に登録されているお店へも電話が出来る。

▼電話帳

電話帳同期

 

 

▼公式アカウントやLINE@

LINE@

 

 

そして、実際に使ってみた。

LINE電話レビュー

通話に関しては、問題なく出来るようで、音質も全く問題がないように感じた。

ただ、この機能がLINEアプリのいち機能のとして入っている為、いちいちLINEを起動しないといけない手間があるのが非常に残念に感じた。

たが、値段にかなりのアドバンテージがあるので、今後普及していくだろうし、別アプリになる可能性は十分にあるだろう。

 

今後LINEは注目!!LINE本の紹介

 

最後まで読んでくれたアナタには、これも読んで欲しい。

HUBLOGZ

HUBLOGZ
6人のブロガーで日替わりでブログをアップしている。
年齢、性別、地域、職業、ブログ経験など立場の違う6人がそれぞれの意見をアップするブログ。
是非目を通してほしい。

 

私うえせいからのお知らせ

うえせいワークス自分でもWordPressのブログを持ちたい!けど、自分でイチから設定する自信がないなど、相談はいつでもOK。

うえせいワークスのお問い合せフォームよりお待ちしております!

【iPhoneユーザーの方にご紹介】とうとうLINEがMALLをスタート。まずはAndroid版を先行!

 

まいど!デス(^_^)v

うえせいです。

すでに、かなりのユーザーを抱えているLINE。

うえせいは、このスマートフォンというものにフォーカスした「LINE」が、かなり様変わりする年ではないか・・・

と思っている。

 

ところで、メッセンジャー機能で世界で3億ユーザーを超えた「LINE」は、すでに発表しているスマートフォンで個人が商品を売買できる「LINE MALL」のAndroid版を先行公開した。

 

ググッてみると、こんな感じのスッキリしたページへ行くのだ

LINEMALL

iPhone版は2014年にずれ込みそうである。

Android版を先にするというのはめずらしいが、世界的な流れからみると当然なことなのかも知れない(私は、数年以内にシェアは逆転すると考えている)。

個人で出品する場合、事前審査はないようだ。
スマートフォンで撮影した写真を投稿し、値段を決めるだけで手続きが終わる。

ただし、売買が成立したら、売る方は価格の1割をLINEに支払わないとダメだ。

 

ちなみに、LINE MALLは、LINEのアカウントで行う別アプリとなっている。

LINEMALL_Android

 

Google PLAYで検索するとこのような感じで出てくる。

UIは最近の流行りであるフラットデザインだ。

 

そして、Androidなのでここからダウンロードを指示すると登録されているAndroid端末にすべてダウンロードされる。

ここらへんの、使い勝手の良さはiOSにくらべてAndroidのが一枚上だと思っている。
(ちなみに@うえせいは、両方使っている)

そして、ダウンロードしてみると・・・

LINEMALLログイン

こんな感じで、最初はLINEのIDでのログインを要求される。

LINEMALL同意そして、そのまま表示されるがまま画面を遷移していくと、規約を読むよう要求される。

そして、同意すると

LINEMALLアプリ認証LINEとの連携を要求されるので、これにも同意。

LINEMALLアプリIDただ、LINEとは別でIDを作り、別モノとして利用するようだ。

LINEMALL買物画面

実際の販売の画面はこんな感じ。

まだ出来たて。。。

といった感じは否めないが、スマートフォンを中心に考えているので非常に見やすくスッキリしていると思う。

まだ、発展途上だが、売れてナンボである。

これから、iPhoneユーザーも巻き込んだ時点で大きく変化する可能性はある。

楽天やamazonでご商売をされているみなさま。。。特に要チェックですよ!

ってか、近々にうえせい何か販売してみようと思う

PCでAndroidOSを使ってしまおう。もしかしたら、これはハンパなく便利なのかも?

まいど!デス(^_-)。
うえせいです。

PCでAndroidが使えると、ブログを書くときKindle本をコピペして引用なんてできるかも?

Androidを仮想マシンで使う-Genymotionの使い方
タイトル通りなんですが、
PC/Mac上でアンドロイドが使えるGenymotionというのがあります。
なんと、他の仮想環境とは違って、Playストアが普通に使えるのです…
その使い方を解説。

0. VirtualBoxをインストールします。
https://www.virtualbox.org/

1. Genymotionでアカウントを作成します。
http://www.genymotion.com/

2. アカウントアクティベーション後、ダウンロードが可能になります。
Windows、Linux(Debianは64bitの専用がある)、mac用があります。

3. Genymotionを起動します。


まだ仮想マシンがないので「Yes」で追加


ログインが求められますが、これは先ほど作ったGenymotionのアカウントを入れます。


デバイス&バージョン選択…
僕はGS4/HTC One/XperiaZのGoogle版にしましたが、
他のデバイスとしてGalaxy Nexus, Nexus S, Nexus 7などがあります。
(あれ?Nexus 4は?)

詳細。メモリ2G…Nextでダウンロード開始です。

 


200MBちょっと。終わったらNext。

 


Finish。

 


VirtualBoxを起動してから(特になにもしなくていいです)「Play」で起動します。

 


ADB接続の設定がここでできます。僕はEclipseさえ入れてないのでNo。

 


キター!起動しました。ちゃんと日本語環境もあります。

 


キター!動きは全体的に軽いです。
ちなみに僕のmacbook airはcore i5 1.6GHz、Mem 2GBなのですが…

 


Playストアが普通に使えるのが、Genymotionの特徴です。

 


twitter公式を入れてみました。

Androidアプリ使ってみたいけど、Android端末買うのはちょっとなあ….
という人にはもってこいの環境です。

 那覇レポート「Androidを仮想マシンで使う-Genymotionの使い方」より

 

これをいれて、Kindleアプリを使うと、、、
どうやら、本を見ながら入力していたものが、コピペで済むんですよ。
なかなか良さげでしょ(^_^;)

こういう便利になりそうなモノを上手く使ってたくさんの記事を書いていきたいですね(^○^)

ソーシャルメディアのビジネス活用のコンサルティング、WordPressブログの構築代行なら→うえせいワークス