吉越浩一郎氏

吉越浩一郎氏の講演を聞いてワークライフバランスを見直すと決意。ツナゲルアカデミー第3講

勝手にブログの師匠だと思ってついていっている立花岳志氏の主催されている「ツナゲルアカデミー」に参加してきました。
このアカデミーは年に6回で各月あり、立花岳志氏と親交のある著名な方のお話を伺えるというもの。
no second life

持続的な学びと成長の場 ツナゲルアカデミー 第1期生を募集します!

 

 

そのツナゲルアカデミーも第3講を迎えて、参加メンバーのほとんどの方とは一度はお話をしているのではないか?というくらいにはなってきました。

そして、今回はのゲスト講師は元トリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長である吉越浩一郎氏。
19年連続で増収増益という業績を残されただけでなく、それを残業ゼロで実現するというスゴイ方。

立花岳志氏は、その吉越浩一郎氏という本物の経営者を招いて経営者マインドというものに触れてほしいとの思いで、今回ツナゲルアカデミーにお呼びしたそうです。

 

ツナゲルアカデミー第3講がはじまりました

ツナゲルアカデミー第3講
吉越浩一郎氏はとても多忙な方らしく、講演の前に来られて懇親会も30分だけ参加されるということ。
立花氏いわく、吉越浩一郎さんは企業での講演は行うが、このような一般向けのセミナーには一切登壇されない方らしい。

貴重なお話がきけるとの思いで、実は私うえせい(@charin_co)、今回はスーツにて参加したのでした(^_^;)

 

立花氏の講演のあとは参加者がショートプレゼンを行うライトニングトーク

西村さんライトニングトーク

▼同じ大阪人である「ものくろ」さんの親指シフトの話はとても興味深かった
ものくろ

 

吉越浩一郎氏の講演は経営者マインドに触れるとても内容の濃いものでした

吉越浩一郎氏

とにかく徹底してやり遂げるということが大切であることを繰り返し述べられていました。

 

うえせいはワークライフバランスを考えなおそうと思いました

ツナゲルアカデミー_ノート

この変わったメモのとり方は、

この本の内容を実践したもので、あとで読み返した時にすごく役立つものです。

翌朝に読み返してみるととっているメモの内容のほとんどはワークライフバランスに関することでした。
体力づくりはしっかりしているので、土台はできているとは思うのですが、実はフリーランスになってからバランスが非常に悪くなっていると感じていたのです。

でも、それはサラリーマン時代よりも好きなことやっているから苦にはならないし、そういう時期だとも思っていましたが、その考え方自体が生産効率を落としているのだと気付かされました。

実際、時間をいつでも使える状態だから、後まわしにしたりして夜中まで自宅で仕事をしたりと、プライベートも何もない感じです。

この状態を継続できるのか?

そう問われた時に、困難と言わざるをえないので、一度見直すことにしました。
見直す内容は、

  • 睡眠時間の確保
  • がんばるタイムを取り入れる
  • ランニングをはじめとする運動するための時間はキープ
  • 休みを定期的にとる

これだけ。

これも実際やってみて、次回2ヶ月後のツナゲルアカデミーまでにレビューを行うことにします。

▼ちなみにビルをでたら、都庁がキレイでした。

東京都庁

 

吉越浩一郎氏と立花岳志氏が共著で本を出版されるらしいので、興味があればご予約を

スポンサー広告